« 相続時精算課税 | トップページ | 子供との時間 »

相続税の嘆願

 前回に引き続き相続税を。

 今回は、すでに相続税を納付した方々にお伝えします。

 唐突ですが、申告してから5年経ちましたか?

 もし5年以内でしたら、今一度申告書を見てみてください。

 5年経過していたら忘れてください(笑)

 5年内でしたら、思い出してください。当時のころを。

 つまり何が言いたいかというと、相続税の計算って税理士(の腕)によって結果が違うことが稀ではないんです。「なんかずいぶん高かったなあ・・・」という感覚がお持ちでしたら、資産税に強い税理士先生に一度みてもらってください。

 あんまり大きな声では言えませんけれども、現状相続税の計算はその能力が一番出る分野なんです。同じ税理士であっても相続の相談は慎重にされたほうが。

 この内容は森田義男税理士先生の著書でも詳しく説明されています。是非ご検討下さい。

 話は戻りますが、5年という期間は納税義務の時効なんです。ですから5年より前のことで税務署からトヤカク言われないのです。逆に5年以内であればトヤカク言われますし、逆に納税者もトヤカク言えます。

 ここで注意。悪意のあるものに対しては時効は7年。2年延長です。まあ、皆さんのような善良な国民は関係はありませんけれども。

 ですので、5年以内の申告に対しては、訂正ができます。何か以前の申告でご不満があればお近くの税理士先生へ申告書を持ってご相談しましょう。ご相談しても跳ね返されたらコメントでもください。

今回はこの辺で。

人気ブログランキングへ

|

« 相続時精算課税 | トップページ | 子供との時間 »

相続税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相続税の嘆願:

« 相続時精算課税 | トップページ | 子供との時間 »