« 租税条約 | トップページ | オークションのトラブル? »

租税条約 2

 租税条約のつづきとして・・・

 世界各国でその税金のシステムや徴収の仕方、税率などそれこそ国の数だけ違います。

 こと税率は、日本だと42%(売上げにかかる利益に対して)程度でしょうか。この税率が非常に低いところがあるんです。

 そういうところは一般に「タックス・ヘイブン(国)」といいます。直訳すると税金の天国?ですか。なんか薬物の名前みたいですね。世界中にはこのタックス・ヘイブン国が結構あります。あとでググッて見てください。

 近場ですと香港。これは結構利用されています。「香港 関連企業」あたりで検索されると実に多くの企業さんが名を連ねます。その辺大人の感覚で憶測してください。法人は世界進出に伴い、必ずいろいろな税金対策を施します。

 では、個人はどうでしょう?個人もあるんです。

 続きは明日・・・・

この記事推薦してください!クリックは⇒人気ブログランキング

|

« 租税条約 | トップページ | オークションのトラブル? »

税金全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 租税条約 2:

« 租税条約 | トップページ | オークションのトラブル? »