« 建設業許可 | トップページ | 租税条約 2 »

租税条約

 租税条約なんですが、これは自分の国と相手の国にまたがった商売があったときにそこでどんな風に税金をとるか、その取り分はどういう感じに分けるかを決めたものです。
 
 これがまた面白い。国が違えば考え方が違うんですよね。

この記事推薦してください!クリックは⇒人気ブログランキング

 税金は国を国として維持するために必要な財源。税金無くして政府も成り立ちませんね。

 ところが税金のない国があるんです。自国での国産産業のみ税金をかけ、外資にはかけない。例えば日本人がその国で会社作ってトヨタ並に利益が出ても、無税です。

 すごいですよね。日本では利益の40%はなにかしらの税金として国に持って行かれます。

 そこではしっこい人は海外にいってしまうんです。
 明日に続く・・・

この記事推薦してください!クリックは⇒人気ブログランキング

|

« 建設業許可 | トップページ | 租税条約 2 »

税金全般」カテゴリの記事

コメント

わぁ~!!
すっごく興味がある!!
どこなんでしょう!?
わくわく(o^-^o)
しかし、国によってここまで考え方が違うのも
面白いものですね。

投稿: takatakago | 2008年4月15日 (火) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 租税条約:

« 建設業許可 | トップページ | 租税条約 2 »