« 低額譲渡 つづき | トップページ | 懸賞生活 »

租税特別措置法とは?

 ついに、ガソリン税の暫定税率の期限切れましたね!こりゃすごいことです。皆さんが喜ぶのと裏腹に、政府与党は完全に内閣総辞職は免れない、解散しないとだめでしょうがこんな状態で解散してもかえって国内の混乱は収まりませんって感じでもう火の車ですね。

 このガソリン税の暫定税率をとりきめた租税特別措置法(そぜいとくべつそちほう)というものを簡単にご紹介します。

① 租税の法律はまず、国税全体を取り決める国税通則法があります。これは手続法といわれ、税金を納めるものの範囲、納め方、納めないときの取立て方等について示してあります。

              ↓

② その下に実体法と言われる法人税、所得税、相続税・・・・等の各税目ごとの法律が並びます。これは、それぞれの税金の骨格が示されています。

              ↓

③ ②のオプションとして租税特別措置法があります。

 ここで租税特別措置とは「担税力の他の点で同様の状況にあるにもかかわらず、何らかの政策目的の実現のために、特定の要件に該当する場合に、税負担を軽減しあるいは加重することを内容とする措置」といった具合に決まっています。

 

 かいつまんで言うと、特別な理由をもって税金自体を加減する法律です。

 

 この特別な理由とは、たとえば自分の家をやむなく売ったにもかかわらず、そんなに税金取るのはおかしい、だからちょっと安くしてやろうとか、会社の交際費については本来は経費として認めないけど、そんな事言ってられない中小会社はある程度認めましょうとかそんな感じです。

 基本的に日本全国民が税負担平等の中で、こんなときはこんな風に温情を入れますといった法律たちの塊なのです。そんな特別のものだから期限が存在するんです。この取り決めは10年間だけとか、1年だけとか・・・皆さんご存知の住宅ローン控除こそ期限付きの租税特別措置法の代表格ですよね。

 この法律、非常に膨大で、私も今回のことがなければガソリン税について知りませんでした。本税で決めていればこんなことなかったのにねえ。

 

 租税特別措置法、投票権に大きく影響あるんです。次回はそんなところを。

 先週末子供みたいな高熱がでて意識とびました。こういうのはコリゴリですね。

このBlogの応援クリックお願いです!⇒人気ブログランキング

|

« 低額譲渡 つづき | トップページ | 懸賞生活 »

税金全般」カテゴリの記事

コメント

「租税特別措置」の概要が分かった気がします。
この法案は、我々にとっては、住宅ローン控除のような形で恩恵がありますが、ガソリン税といったように、政府の資金集めにも利用される両面をもっているのですね。

今現在、国民の生活を豊かにすると提唱している民主党が「租税特別措置」のガソリン税に噛み付いている図式がわかりました。

しかし、結局、別の形で増税や手立てを考えなければ、別のところからひずみを生じそうですね・・。

その前に日銀総裁を決めて欲しいですが・・。

なんだか、日本の方向性が余計見えなくなってきました・・

投稿: takatakago | 2008年4月 1日 (火) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 租税特別措置法とは?:

« 低額譲渡 つづき | トップページ | 懸賞生活 »