« 対銀行の決算書 1 | トップページ | ビジネスプラン その一 »

対銀行の決算書 2

借り手側である我々は、今まで銀行の支店長や長年の営業さんとの付き合いをベースに、

ある時はその親しさに乗って融資を受けていたりしました。

 

そんな借り方が、この「金融検査マニュアル」の存在でガラリと変わってしまったんです。

 

友好な人間関係だけではまず融資が難しいです。

 

「金融検査マニュアル」を参考とし、各金融機関は「自己査定マニュアル」を作成しています。

このマニュアルは、内容を明らかにされていませんが、

金融庁発行の「金融検査マニュアル」を参考にして作成されているでしょう。

 

そうなると、融資を受ける際の重要な点は以下のような点です。

1.社長がブラックリストに載っていないこと

2.税金を完納していること

3.15%以上の債務超過でないこと

4.2期連続赤字でないこと

 

これらはあくまでも最低条件です。

この条件をクリアしてあれば、今度はランク分けがあります。

このランクによって融資金額、利率などの条件が自動的に決定するんです。

支店長の裁量というのは今は限りなく縮小しています。いわゆるシステム審査ですね。

 

このランク分けは、一度決定すると変更するのは難しいですが、

今現状の決算書をある程度このシステム審査用に改善すると、

条件が良くなることがかなりあります。

その方法とは・・・

 

①仮払金、短期・長期貸付金

②売掛金、受取手形

  一年以上ほったらかしているものはないですか?

③在庫

  不良在庫はないですか?

④有価証券

⑤不動産

 簿価以上に目減りしているものはないですか?

 

以上の点があれば、貸借対照表の資産からその分除外されます。

形式的に債務超過になっていなくとも、

銀行から見たら「実質債務超過です!」っていわれます。

 

この実質債務超過は何としてでもクリアしないとですね。

貸付金などは、実体として存在し、かつ、定期的に返済を受けていないとですから

その辺は可能な限り対応しないとです。

 

先ほどはB/Sの話でしたが、P/Lの部分ですと、

①減価償却費

 過年度償却不足額累計がありませんか?

 もしあれば償却したとしての資産額をチェックされます。

②役員報酬

 実生活に最低必要な役員報酬を支出しているかどうか。

 利益を捻出するために、過度な圧縮を図っていれば、

 適正だろう金額に置き換えて利益計算されます。

 

以上が主だったところです。

以前のように、「担保不動産はおありですか?」というような対応の仕方ではないんですよね。

 

そんな決算書、作成されていますか? 

|

« 対銀行の決算書 1 | トップページ | ビジネスプラン その一 »

融資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対銀行の決算書 2:

« 対銀行の決算書 1 | トップページ | ビジネスプラン その一 »