« 日記の再開です。 | トップページ | 個人年金保険 »

小規模共済利用について

 小規模共済とは、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営する

小規模共済制度をいいます。

 これは小規模事業者(従業員5人以下)が自分が仕事をやめたときの

退職金代わりとして受け取れるように、国が主導となって運用管理している制度なんです。

そのため、この制度の利用に当たっては、税制度的にかなり優遇されています。


 これは、利用しない手はありません。といいますか利用してください。

まず、毎月の掛金は1,000円から70,000円までの500円刻み。

 月額の増減はいつでも自由です!

 その掛金は自身の確定申告で全額所得控除を受けられます。

所得税は5%~、住民税は一律10%ですので、最低でも15%税金が軽減されます。

 養老型の生命保険に入っているものと同条件と考えても、

税制度として圧倒的優遇が受けられます。

毎年の配当が15%あるようなものですよ。すごいですね。

そんな保険聞いたことありません。


 また、受取の際は、生前一括受取ですと退職所得扱い。

一番税金のかからない受け取り方です。

その他いろいろな受け取り方がありますので、皆さんのお考えに併せてご利用できます。


詳しくは、小規模共済HPまで。

|

« 日記の再開です。 | トップページ | 個人年金保険 »

所得税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小規模共済利用について:

« 日記の再開です。 | トップページ | 個人年金保険 »